忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「ボーダーの予想はせずに、論文対策を!」が本流ですが、論文試験がないので予想してみます。当たるも八卦、当たらぬも八卦。

 リサーチの平均点は、全体的にずいぶん高めのようです。
 とはいえ、去年とは受験者層が変わっているので(ほぼ短答未合格者→口述落ち・三振組の参戦)、問題の難易度より受験者層の違いの方が要因で、予想の範囲内です。

 なら、ボーダーは上がるのか?に対しても、そうでもないと思っていて、

上がる要素
 ・いくつあるか問題が減った
 ・条文根拠の決め枝が多い
下がる要素
 ・直前に解いた過去問と比較した直感(^_^;)
 ・初学者が伸びにくい、準用系の枝が多かった

 去年は、Lリサーチの平均+αの法則が崩れていたようなのですが、去年の受験者層(短答合格未経験者が9割)からして過去の法則が通じなくても、そんなに驚くことではないのではないかと。

 なら、どちらかというと今年の方が元々に近い受験者層なので、その法則も生き返って、

 ・1500-1700人合格
 ・ボーダーは去年と同じか±1
・合格者平均点は大幅アップ

くらい?でしょうか。

 免除制度が始まったH20もそうでしたが、いろいろ噂が飛び交ったあげく、結局はごく普通の結果が出る、という予想です。

 結果は、合格発表と統計にて。
PR
≪  900  899  898  897  896  895  894  893  892  891  890  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]