忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、技術者(発明者)、各本部系の知財部門、本社系の知財部門、弁理士の先生が一堂に会して審査請求中の案件をもむ、という場がありました。
強い権利にしようという目的だけは一致しているものの、見事なまでにそれぞれの観点からの発言を続けるので、議論が発散しまくりでした。

一応技術者として臨席していたわけですが、使う用語が結構シームレスに違っているところには、ちと笑えました。
それなりに知財部門があるところでこの調子ですから、ないところでは話がなかなかかみ合わないであろうことは容易に想像できます。ヒアリングで発明を把握するのなんて、相当大変なのではないでしょうか?>事務所の方

結論として、発明をした時点と権利化を進める時点では往々にして取りたい範囲が異なるので、強い権利化のために事前に考えられるだけ幅広く考え、明細書に色々書いておかないと、後々の処理で困るということを技術者側が思い知る場になったわけですが、今までそんなことまで意識してはいなかったわけですから(思いついた発明をとにかく出願していた)、ちょっとは変わるのかなという感じです。

# 他人事モードで書いているのは、まだそれを変えることより、
# 試験に受かることにエネルギーを注ぐつもりでいるからです。(笑)

こんな感じですから、どこかで聞いた、出願時にクレームアップできるものは全てしておいて、中間処理で消すだけにしておくと苦しまなくてすむ、なんて対応はあり得ないと思うわけです。
きっと、発明の分野によって異なるのだとは思いますが…。
PR
≪  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  ≫
HOME
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]