忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここ最近、特許事務所や知財部門から同僚宛に来ている書面の翻訳をすることがよくあります。(もちろん、どちらも日本語です)
理由は単純で、知財の専門家ではない発明者に分かるように書面が書かれていないからです。
# 技術者側に不勉強がないとは言いませんが。

知財業界に、固有の言い回しやキーワードがあることに異論はないと思います。試験だと、暗記する必要のある定義・趣旨や審査基準・判決文などでしょうか。

通じ合うもの同士では短く便利に使えるのですが、発明者にとっては無意味に難解になるだけです。「特許語」なんて揶揄もされていますし、煙に巻かれているように感じるわけです。

発明者は本来、知財業界にとってのお客様のはずですが、発明者からのニーズを満たす対応をしていないと思うケースによく出会います。すごくがんばってくれていると思う方でも、アウトプットが特許語では「結局何が言いたいねん!」となってしまいます。

試験勉強をしていると、そうなる原因を顕著に感じます。試験で要求される知識と実務で要求されるスキルは相当に別物のはずなのですが、それを意識されている方は少ないのではないでしょうか。
始めた頃は、もうちょっと試験勉強を実務に生かせると思っていただけに、なかなか負担に感じることも多いですね。

別物だと割り切ってしまうのも一つの手ではあるのですが、すごく効率が悪いだけのことをしているように思えます…。
他の受験生の方は、どの程度試験勉強と実務を生かしあえているのでしょう?

加えて書くと、全く別物同士をつないで、それぞれに適切なスキルを発揮できる方こそが優秀な知財人だ、とも思うわけですが、いかがでしょう。
発明者が特許語を知らなくても発明を権利化して活用するための存在が、知財部門であり弁理士なのではなかろうかと。

いずれ、そうなりたいものです。
PR
≪  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  18  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  18  ≫
HOME
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]