忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 試験官の苦笑する顔が、未だにしょっちゅう頭に浮かびます。

# 何のトラウマだ…。


 目前の試験のことしか考えずに知識を積み立てて、その後の試験に対応できなかったのは一昨年の短答合格→論文不合格の時と同じで、範囲を絞って対応しようとしたあたりも、当時の行動にそっくりだ、結果も同じか?と思いながら直前期を過ごしていました。

 商標できっちり穴になっているところ(条文の精度)を突かれて自爆したのは去年の論文と同じ。今回は意匠の方がより撃沈していますが…。


 一方で、こうなっても正攻法でがっちり勉強して受かるというつもりは皆無なので、そう思つつ見ているうちに、

 ・口述には結構はっきりした出題傾向がある。
 ・過去問対策だけでは、完全に手落ち。
 ・条文、青本、審査基準だけでは、口述対策に限るとものすごく非効率。

なんてことを感じるようになりました。

 合格してからのことを考えると、同じ道はお勧めできない方が多いと思いますが(^_^;)、抜ける手は抜いても良いのでは?というご提案のエントリを、いずれ書いてみたいと思います。
 まあ、どこが出るのを当てるのは簡単ではないですが、出ないところを削る(優先度を下げる、精度を落とす)のは意外とできるのでは?というのが今の感想です。

# もちろん、相応のリスクは背負います。


 来年受けるにしても、もう、趣味の一つくらいの取り扱いにするつもりですし、ここまで来たら、来年短答合格→口述2度落ち、再来年口述再々挑戦でカバレッジを上げてみるのもオツだ、という気分にもなります。

 できないことに挑戦して効率よく成功した試しがなく、漠然と底上げをして、クリアできそうになってから手を出すマーキング的なやり方ばかりで、弁理士試験も結果的にそうなりつつあるので、まあこれはこれで自分らしいのかな、と思っています。


 しばらくは、模試以降~口述準備中にいろいろ思い立ったことを書いていきます。再現集からあまり伝わってこない、現場に行って初めて感じたこともそれなりにあったので、できるだけ書くようにしてみます。

 来年は、サングラスを持って受験に行こう、とか…(^_^;)。
PR
≪  847  846  845  844  843  842  841  840  839  838  837  ≫
HOME
Comment
無題
頑張れ
Keita 2010/10/21(Thu)22:50:15 編集
無題
m(__)m 
mr3 2010/10/21(Thu)23:00:39 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]