忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ちょっとウチの所長と話をしたら、なぜか論文に受かる前から「ここまでやって終わりだね」という話に。

 いや、全く受ける気ないんですけど…。
 受ける意味のない職場環境なんですけど…。
PR
≪  811  810  809  808  807  806  805  804  803  802  801  ≫
HOME
Comment
正林メソッドとの相違点
正林メソッドと弁理士論文式攻略法(納富先生)という書籍に記載の方法との相違点をできれば教えて頂きたいと思います。どちらもテンプレートと呼ばれる方法が用いられていると聞きます。お手数ですがよろしくお願いします。
禅理士 2010/08/02(Mon)22:56:20 編集
おそらく、同じ。
いわゆるテンプレートは、出願時・権利行使時などで全てのとり得る措置(有限)を列挙して覚えておき、問題の事例にあてはまるかどうかを一通りチェックする、という自分の理解を踏まえると、基本的に同じではないかと思います。

納冨先生がマスター答練の代講をしたり、講義を見学したりしている時期もありましたから、納冨先生の方法論に正林メソッドが含まれているというのはいたって自然ではないかと思います。

答えになってますでしょうか?
mr3 2010/08/02(Mon)23:18:49 編集
無題
mr3様
ご回答、どうも有難うございます。
納冨先生がマスター答練の代講等をされていたのならば、納冨先生の方法論に正林メソッドが含まれていても、正林先生からクレームはつかないでしょうね。というか、正林先生の弟子と考えた方がいいですね。
どうも有難うございました。
禅理士 2010/08/03(Tue)00:16:17 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]