忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 事実認定で争っているのではと感じるくらいに、とっても実務チックでした。解説を聞いていても、「実務ってこんな感じ」と言いたげだったので、そういう問題だったことなのでしょうね。

 実際、知財側に移って、発明者当時の対応が文言ゲームでしかないかなかったと感じる場面はよくあります。訴訟が近づくと、非侵害の論理立ても無効資料探しも本気さが違いますからねぇ…。
 それに耐えうる本気の明細書を書こうとすると発明者の協力は相当に必要になるわけで、そこにジレンマを抱えている担当者は多いのだろうなあと改めて思う次第でございます。

 たまに期限通りに対応してもらって喜べるような現状ではいけません。(^_^;)
PR
≪  740  739  738  737  736  735  734  733  732  731  730  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]