忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 口述試験の案内が届いたということで、そろそろ論文試験の成績も帰ってくると思います。

 帰ってきたら、必ずついた成績と自分の答案の感覚が一致しているかよくチェックしてください。一致していなければ、何が違うのかを精査してください。

 これが一致すると、自分に何が足りないかが明確になりますし、ゼミや答練で何点になろうが、自分の中でのブレなくなります。(何でこんなに悪いのかとか、意外に点がついたとか、ということもなくなってきます)

 ましてや、一つでもAがあれば、「それだけ書ければ合格答案なんです」という客観的事実を手にしたことになります。

 自分の場合は、そうやって点になる項目なのか題意把握ミスになりそうな記載なのかという感覚が一致するようになりました。(時間かかりすぎですが)

 そうなれば、本試で少々訳の分からないことを聞かれても、それなりにあがくことが出来るようになります。受験生の中で相対的に正しくあがけていれば、それで合格です。


 情報としてはアルファベット4つ(免除次第)ですが、どんな答練や模試よりも、宝の宝庫だと思います。
PR
≪  914  913  912  911  910  909  908  907  906  905  904  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]