忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 半期の目標設定のシーズンです。

 数値での目標設定を求められるので、ある程度見えている中間処理の予想件数をどう目標設定に反映するかがポイントになっています。他のモノはなかなか数値にしづらいというか、他人依存の件数が中心になるので、そんなモノを自分の目標にしようとは思えません。

 ようやく特許部ですら「件数の時代ではない」と言い始めた(遅)のですが、なかなか自分でも説得力を持つ目標設定ができていません。数ページの薄っぺらいアイデア特許を出願しても、人事評価上は出願1件ですし、事務所のコメントに「それでお願いします」と回答するだけでも、中間処理1回ですが、いざそうではない目標設定をしようとすると難しいと感じています。

 評価をする方も、何を指標にしていいのかよく分からないというのが実情です。特許系の対応が多くて大変だと言っていたら、そんなのは軽く(最低限の手間で)片づけて他のことに注力しろ、という空気が流れるので、せめてその点だけでも打破したいと思っているところです。

 難しい。
PR
≪  175  174  173  172  171  170  169  168  167  166  165  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  175  174  173  172  171  170  169  168  167  166  165  ≫
HOME
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]