忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 明細書を書いたことがあるのか、と聞かれれば、一応あると答えます。

 最近こそ資料やデモと口頭説明で明細書を事務所の方に書いていただくことも増えていますが、発明者の修行と称して、発明者が一旦全文を書き上げてから、事務所で適宜修正してもらうというスタイルが中心です。ですので、開発の合間に書くことになることもあり、自力で書くのは年に数件程度です。

 「修正されるのではないのか?」と思われるかもしれませんが、ほぼ無修正で帰ってくる原稿が少なからずあります。特許スキルの高い発明者ならともかく、入社間もないころに何度か続けて、そういう案文が返ってきて(思わずdiffを取ってしまいました)、「事務所の仕事って何?」と思ったことがあるくらいです。

 なので、結果的に書いたのと同じ状況になった、という感じですね。
(ちなみに上の行動の通り、私はどちらかというと書き換えて欲しい派です)

 そうかと思えば、手を抜いた従来技術(すみません)や内容の薄いところをきっちり補充してくださる方もいるので、ホントに担当者次第だと感じています。で、最近はそのあたりにソフトウェアの開発とも共通しているところがあるなあ、とも感じています。

 中島聡さんという米国でWindowsの設計に携わった方のブログに、こんなエントリがあります。

  ・『ソフトウェアの仕様書は料理のレシピに似ている』
  ・『「渡された仕様書を実装するサラリーマンプログラマ」の悲哀』

 明細書を書くにあたっても使えるようないろいろな示唆に富んでいると思っているのですが、いかがでしょうか。
PR
≪  176  175  174  173  172  171  170  169  168  167  166  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  176  175  174  173  172  171  170  169  168  167  166  ≫
HOME
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]