忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 技術系と知財系で引っかかるところが違う、という場面に最近よく遭遇しています。

 他のところに引っかかるならまだしも、正直「え、そこ?」と思うところに引っかかられると、普段自分たちの会話では全く詰まるところではないので、とても説明に難儀します。

 「当業者に自明」なラインがどこなのかということなのだと思うのですが、事務所の方と話をしているときはそんな引っかかり方をすることがほとんどないので、どのレベルを想定して資料を準備すればいいものか、かなり困ります。

 それぞれの歩み寄りが必要なところではありますが、社内相手にくらい、毎回ゼロから説明しないといけないような無駄は省かせて欲しい、というのが率直な要望です。

 「ああ、なるほど」と納得できるようなコメントをもらえる機会がなんとなく減ってきているような気がする、今日のこの頃です。
PR
≪  421  420  419  418  417  416  415  414  413  412  411  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]