忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日は、昨年末に大騒ぎして出願した案件の打ち上げでした。

 「日本人なら普通は日本に第一国出願するわけですよ」と入門講座で何度も聞かされてきましたが、別にそんなことないぢゃんと思った案件です。まだ日本に持ってきていないので、私の方は完全に打ち上がったわけではないのですが。(開発はほぼ打ち上がっているはず)

 この出願のときもそうでしたが、中間処理を立て続けに扱って以降、新規案件のロジックを考えている時、以前よりずっと整理して考えられるようになっています。本業は明細書そのものを書くことではなく、明細書を書くために必要な情報をまとめて伝えることなので、ちょっとは進歩しているのだなあ、と感じています。
 まあまだ、その伝え方がわかりやすいのかとか、発明のとらえ方が的確なのか、とか課題は山ほどあるわけですが、やっぱり前進感があるのとないのとでは違いますね。
PR
≪  282  281  280  279  278  277  276  275  274  273  272  ≫
HOME
Comment
無題
中間処理を立て続けに扱って以降、新規案件のロジックを考えている時、以前よりずっと整理して考えられるようになっています。

そうですよね。どうせ、中間処理をやらなくちゃいけないので、明細書の中身は、ロジックを大事にしたいですね。
ある意味、出願時の「特許請求の範囲」は、
発明者さんの言いなりでいいと思います。
ジョン 2008/01/26(Sat)19:56:06 編集
無題
> ある意味、出願時の「特許請求の範囲」は、発明者さんの言いなりでいいと思います。

これにどこまで時間を割くかを判断するのは難しいですねぇ。
少なくとも、どういう主旨でそのクレームを立てていたかを残しておかないと、テーマが過去のモノになったりすると後で見返してもさっぱり、なんて事はザラです…。
mr3 URL 2008/01/28(Mon)00:08:25 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  282  281  280  279  278  277  276  275  274  273  272  ≫
HOME
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]