忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 同じ出題ですか…。

 作戦立て直し。orz
PR
 上がらないですねぇ。

 いや、もはや上げる気もないですが…。

 口述試験の案内が届いたということで、そろそろ論文試験の成績も帰ってくると思います。

 帰ってきたら、必ずついた成績と自分の答案の感覚が一致しているかよくチェックしてください。一致していなければ、何が違うのかを精査してください。

 これが一致すると、自分に何が足りないかが明確になりますし、ゼミや答練で何点になろうが、自分の中でのブレなくなります。(何でこんなに悪いのかとか、意外に点がついたとか、ということもなくなってきます)

 ましてや、一つでもAがあれば、「それだけ書ければ合格答案なんです」という客観的事実を手にしたことになります。

 自分の場合は、そうやって点になる項目なのか題意把握ミスになりそうな記載なのかという感覚が一致するようになりました。(時間かかりすぎですが)

 そうなれば、本試で少々訳の分からないことを聞かれても、それなりにあがくことが出来るようになります。受験生の中で相対的に正しくあがけていれば、それで合格です。


 情報としてはアルファベット4つ(免除次第)ですが、どんな答練や模試よりも、宝の宝庫だと思います。
 今年は論文合格ではないので、合格通知ではなく、口述試験の実施案内として届いています。

 本文以外にも微妙にアップデートがかかっていて、

【集合場所】 客室棟1階ロビー → 客室棟1階パークラウンジ


 エントランスでのたむろ防止のためで、集合時間になったら入れられた、南エントランスを入って右の部屋…と思ったのですが、名前がついていませんでした。
 平面図で「ラウンジ」を探すと、奥にある「ロビーラウンジ」になります。

 …どこ集合だ?(^_^;)
 まあ、受験生がたくさん居るので分かるとは思いますが…。
 去年のものと見比べると、かなり追加されています。(5→11項目)

 大きいところでは、午前の試験後の流れが変わりました。試験終了後(午後の受付終了後まで)も控室待機です。どちらも「控室」となっていますが、さすがに別室でしょうか。

 午後はそのまま帰れるので、午前の試験途中から受験機関が出題テーマを速報していたことへの対策だとは思いますが、そもそも前日までの情報が入ることに変わりはありませんし、そんなに不公平感がなくなる話には思えません。(どのテーマに当たるか、どのレーンになるかという不公平感の方がよっぽど…)


 とはいえ、午後はそのまま帰れるので、出題テーマを紙に書いて庭園を走り回ればこれから受ける人にバラせる(^_^;)、という穴は現状維持です。(去年、庭園がよく見える控室だったので、そんなことを思っていました:-)


 控室での飲食の記載は、去年と同じです。「飲食(控室内でのガム、飴、水、茶等の飲食を除く。)はできません。」とあります。
 控室によって違いがありましたが(自分が居た控室はOK)、今年はそろうのでしょうか。


 あと、ポケットベルがなくなって、音楽プレイヤー、ICレコーダー、タブレットPCが追加になりました。音楽プレイヤーは、控室で質問をしている方が居たので、他にも問い合わせが多かったということなのでしょう。
 スマートフォンでもノートPCでもなく、「タブレット」PCなところに、去年までポケットベルが残っていたというのと同じ根っこを感じてみます。:-)
 1分単位で書かれている、って何かのネタかと…。


 まずは、おめでとうございます。>合格された方
 口述へ進む人数は、ほぼ前年並みという感じでしょうか。

 「まずは口述模試の予約を!」というのが定番なのでしょうが、私自身は模試ゼロで本番に臨みます。
 模試が練習になる方はもちろん受けた方が良いのですが、去年受けた感覚として、できるところは模試を受けようが受けまいが出来ますし、模試で出来なかったことははじめから「ここにハマったらダメ」と予想していたことだけだったので、「自分にとっては模試不要」を再確認しただけでした。

 それを踏まえて模試を受ける方にお勧めすることがあるとすると、「知らない講師の模試を受けろ」くらいでしょうか。なまじ知っている講師陣だと、変な雑念が頭をよぎって、どーもいかんです。
 それはそれで、噂に名高い熊とか白ヒゲの対策になるのかもしれませんが、ほとんどの方は知らない試験官と対峙するはずですので、知らない講師から問題が出てくる方が模試としては良いのではないかと思います。

 まだ、何もやる気が起きておりません。がっつり抱え込んだ仕事を片付けることの方がはるかにモチベーション高いです。
≪  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ≫
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]