忍者ブログ
  
業務集中。またいつか再開します。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
口述試験(問題テーマ)
短答試験・ボーダー
H23 : 問題・解答(39点)
H22 : 問題・解答(39点)
H21 : 問題・解答(37点)
H20 : 問題・解答(39点)
H19 : 問題・解答(39点)
H18 : 問題・解答(37点)
H17 : 問題・解答(41点)
H16 : 問題・解答(39点)
H15 : 問題・解答(36点)
H14 : 問題・解答(40点)
プロフィール
 HN:   mr3
自己紹介: 面倒くさくなって、弁理士の受験を止めました。
いらっしゃいませ
RSSフィード
RSS ATOM
メッセージはこちらから
ブログ内検索
三井住友VISAカード
スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 惨敗感あふれる結果です。

 終わったときは書けているのか書けていないのかさっぱり分からない手応えでした。

 問題文を読み落とし、そのせいで余計な場合分けに悩み、取られた時間で押されて「所定」でまとめた項目が結構具体化され…というのに解答を読んで気づくうちに、秋ゼミで初めて60点超えた答案が出た喜びなんてあっさりと吹っ飛びました。一通り書けた中では、ワースト1っぽい手応えですねぇ…。

 インプットが足りず、記載量のも伸びないと常日頃から思っているので、項目がシンプルで記載量が少なくなりそうだと無用の不安感に襲われます。書きようはなんとでもあったと思える問題だっただけに、知識とは別の「こう書けばいい」と思える軸をまだつかみ切れていない感じです。
# どう書いても、「これでいいのだろうか?」という不安に襲われます。

 解決策はおぼろげながら見えてはいるのですが、それ以上に課題ばかり増えていくのがなかなか…。orz
PR
≪  221  220  219  218  217  216  215  214  213  212  211  ≫
HOME
Comment
無題
こんにちは、ぼくもLゼミ受けてます。
Lゼミの問題は、項目が少ないからくどい
くらいに記載すべきでしょうね。
特に、意匠は特許でいう記載要件(36条)が
施行規則に回ってる分、根拠条文あげるだけでも文字数稼げます(施規*条様式*備考**)
一方、論文マスタとか本試は、そこまでかけないことが多いですね。
問題に応じて、伸縮自在の記載方法を
身に付けないといけないが大変ですね。
ジョン 2007/11/25(Sun)11:16:39 編集
ちなみに私は
> 問題に応じて、伸縮自在の記載方法を …

伸縮のうち、
「伸」ができて、初めて「縮」ができて、逆もしかり。
「縮」でOKな問題であっても「伸」ができないことには、「縮」もままならない。
よって私はLゼミ等の記載量が少なくてすむような問題では、とりあえず書きまくってます。
点数は伸びてませんが…(汗)
隣駅男 2007/11/27(Tue)12:29:21 編集
無題
本試では「縮」で収めないと書ききれないので、「縮」の知識しかない人でも通ってしまうことがあるのだろうな、と思いますね。

2年前にマスター答練を受けたとき(途中で挫折しましたが)の方が意外と点数が良かったりしてますので…。
MR3 URL 2007/11/27(Tue)20:24:46 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  221  220  219  218  217  216  215  214  213  212  211  ≫
HOME
LEC弁理士講座あります



Wセミナーも
弁理士・受験生リンク
おすすめ書籍
最後の追い込みに
記憶力にDHA&EPA
サントリーDHA&EPA+セサミンE
忍者ブログ [PR]